融資申請サポート室お問い合わせ
取引銀行で融資を断られた方も大丈夫!

事業資金の融資・調達について

 融資申請サポート室では、会社様・個人事業主様等、お客様がご活用いただく資金の使途、お客様のご状況に応じて様々な金融機関の事業資金融資・調達に対応しております。また、一口に事業資金と言いましても、創業融資、設備資金、運転資金と大きく分けて3種類あり、それぞれに適した事業資金の融資先、調達方法がございます。当事務所ではこれら関連事項を精査したうえで、中小企業経営者の方、個人事業主の方、これから創業融資を希望する方、創業後まだ間もない方、緊急の融資を必要とされている方に向けて、事業資金の融資に関するサポートを行っております。

【日本政策金融公庫 銀行 信用金庫】
事業資金
融資・調達
の王道
金利がたいへん安く、創業融資・設備資金・運転資金等々の事業資金の融資に向いています。お安い金利以外にも、大口の資金の調達が可能で、長い返済期間を設定できるなど、メリットの多い事業資金融資です。 しかしその分、審査基準も他の2つの金融機関よりも高いので、しっかりとした事業計画のもとに事業資金融資を申請する必要性があります。 特に創業融資は、事業の実績がない状態で必要なため、調達先の金融機関が限定されますが、日本政策金融公庫、銀行、信用金庫は対応が可能です。創業融資をご希望の方は、この3つの金融機関のいずれかを利用することになります。 また、設備資金は通常金額が大きくなるため、この3つの金融機関からの調達が一般的です。なお、大口の設備資金、運転資金等の場合、金額によって担保が必要となる場合があります。 当事務所では、これら3つの金融機関より創業融資、設備資金、運転資金をご活用になりたいお客様のサポートを親身に行ってまいります。
【ノンバンク融資:ビジネスローン(事業者ローン)】
法人と個人事業主を対象とした
無担保・無保証人の事業資金融資がノンバンクの中心
審査期間がたいへん短く、銀行・公庫・信金よりも、急な事業資金の融資にスピーディーな対応が可能です。事業を営んでいれば起こり得る急な資金ショート等を回避するために、あるいは経営状態にかかわらず運転資金を急遽補充するために威力を発揮する金融機関です。金融機関の中でも、ノンバンクを敬遠してしまう経営者の方が多い傾向がありますが、現実には安全・安心なノンバンクが多いので、ノンバンクだからといって一概に敬遠してしまうと事業資金の融資・調達の枠を小さくしてしまいます。ただし金利面では日本政策金融公庫、銀行、信用金庫より高いので、スピーディーかつ機動的なノンバンクの特性を熟知したうえで、ノンバンクの事業資金融資を使用する時期を見定めながら計画的に利用すると、事業資金融資・調達の幅が広がり、結果的に経営に好循環をもたらす結果となります。 当事務所では、安全で信頼性の高いノンバンクからの事業資金融資をお手伝いいたしております。
【ファクタリング】
売掛金の回収は企業の大きな課題だが、これを解決する手段として今注目されているのが
「ファクタリング」
ファクタリングは、未回収の売掛金に関するリスクを軽減したり、売掛債権を譲渡して現金を調達したりできる、売掛債権を譲渡して現金を調達できるサービスです。 相応の売掛金のあるお客様にとって、不測の資金不足、緊急な事業資金の調達に威力を発揮する企業にとって頼もしいサービスです。 ファクタリングの中でも買取ファクタリングは、企業が売掛金を早期に現金化したい場合に使われるファクタリングです。売掛債務をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引かれた金額が受け取れます。感覚的には手形の割引に近い感覚です。 日本政策金融公庫、銀行、信用金庫、ノンバンク等、他の金融機関の事業資金融資とは異なり、担保の提供も必要なく、何よりも売掛先の信用力が審査対象となるため、自社の決算状況が良くない中小企業でも審査に通りやすいという大きなメリットがあります。 また、お申し込みから資金の調達までの期間がきわめて短いことも特筆されます。その一方で、手数料負担は大きいので、ノンバンク以上に計画的にご利用することが最重要となります。 当事務所では優良なファクタリング会社と提携しておりますので、迅速なサポートが可能です。

下記のような場合でも今すぐお問い合わせください!お客様の状況に最も適切な借入先、資金調達方法を精査・選択し、ご要望に今すぐお応えします!

銀行、信用金庫、日本政策金融公庫等公的金融機関からの事業資金の融資のサポート、さらには急を要する場面でのビジネスローンやファクタリングを希望されるお客様も親身にサポート致します。

完全成功報酬制

完全成功報酬制について詳しくはこちらからお問い合わせください。

公的な融資の一つ、日本政策金融公庫の融資制度の特徴とは・・・

  1. 政府が100%出資して運営する融資制度であるため、安心・安全・低利な融資制度です。
  2. 法人と個人を問わず、事業を営むほとんどの業種・業態の方にご利用いただける融資制度です。
  3. 無担保・無保証人での融資もお取り扱いしています。
  4. 長期のご返済が可能で、お利息は固定金利です。
  5. 新たに事業を始める方、創業後間もないため決算や申告を終えていない方、多角化で新しい事業を始める方への融資も可能です。
  6. 個人病院・飲食店・商店・美容院・エステ・ホテルや旅館・NPO法人や社会福祉法人などへの融資も積極的に行なっております。
  7. 運転資金・設備資金・改装資金・仕入に関わる資金など、あらゆる資金用途に対応しています。
各専門家と連携してお客様の融資を徹底サポート!
融資サポートについては業種、業態を問わずご利用いただけます
融資のサポート(事業計画書+面談対策)なら融資申請サポート室にご相談ください

融資までの流れ 例)日本政策金融公庫の場合

STEP1 無料出張相談・無料電話相談
企業様の事業内容、融資の目的、融資の額、創業・開業の時期、担保・保証人の有無など、企業様のご希望をじっくり伺います。ご相談はすべて「無料」ですし、ご相談後の融資申請の義務も、売り込みも一切ございません。お気軽にどんなささいなことでもご相談下さい。
お問い合わせフォームからは24時間ご相談受付中。お問い合わせはお気軽にどうぞ
STEP2 融資可能性の分析
無料相談後、融資サポートをご希望される企業様に対し、融資可能性の確認を行ないます。
具体的には企業様より決算書(2期分)のコピーを弊社がお預かりして、融資の見通しについて、詳しく分析を行います。
STEP3 お申し込みのご検討
融資可能性、弊社の融資申請サポート料金等について企業様に詳しくご案内をいたします。その内容をご考慮のうえ、正式に融資申請サポートを申し込まれるかどうか、じっくりご検討いただきます。
STEP4 書類準備・書類作成
融資サポートをお申し込みされた企業様には、ご相談内容をふまえて必要書類をご準備いただき、融資申請に必要な書類の作成を行ないます。
STEP5 申込み
日本政策金融公庫へ融資申請をします。
STEP6 面談の対策
日本政策金融公庫でのご面談に備えて、企業様と入念な打ち合わせを実施します。下記の必要書類をご準備いただきます。
  • 必要書類直近の試算表(もしくは月別の売上表)
  • 法人の各種通帳(半年分程度)(個人の通帳も含む)
  • 税金の領収書(消費税、法人市県民税)
  • 借入れ明細書(現在のお借入分)
  • 賃貸契約書(店舗など)
  • 各種の営業許可証(許認可が必要な業種などの場合)
  • 運転免許証
  • 企業概要書
  • 履歴事項全部証明書
STEP7 ご面談
日本政策金融公庫にて、企業様のご面談を行います。
STEP6 融資決定
提出書類、ご面談の結果に基づき、融資の可否、融資の額が正式に決定されます。

公的な融資の種類 例)日本政策金融公庫の場合


料金(報酬)について

完全成功報酬制:着手金0円+成功報酬額

※当サポート室は「完全成功報酬制」でサポートしており、着手金もいただきませんので、お客様のリスクは「0%」でございます。また、ご相談は全て無料で承っております。まずはお気軽に無料出張相談、無料電話相談をご利用ください。
さらに、ご相談後の融資申請の義務も、売り込みも一切ございませんのでお気軽にご活用ください。


【成功報酬額表】

0円 (着手金0円、成功報酬額0円)費用は1円もかかりません!
0円超~1000万円以下 融資実行額の4.5%+税
1000万円超~2000万円以下 融資実行額の3.5%+税
2000万円超 融資実行額の2.5%+税
pagetop